ヒソップの育て方

0
    JUGEMテーマ:ハーブ
     
    |ヒソップ


    ヒソップは50cmほどの大きさになるし、夏に咲く青紫の花が綺麗なので、

    ガーデニングにも良いかもしれません。

    昨春育ててみたので、ヒソップ栽培を紹介しまーす!


    |育て方

    ヒソップの種まきは春と秋、まぁ真冬・真夏以外であれば種まきOKです。


    セルトレーかポットにまいた方が育てやすいです。

    大株になるハーブなので、ポットで育ててみました。


    こちら、4月24日に播種して、29日に発芽しました。 (熊本県天草)


    ヒソップの育て方1 
    ↑種まきから発芽まで1週間前後です。

    発芽するまでは、土が乾かないよう、マメに水やりです。


    アルカリ性の土壌が好きなので、軽く苦土石灰をまき、

    基肥も有機肥料6-3-3を入れて定植です。


    定植は苗の長さが10cmになったころ、

    種まきから30-40日が目安です。

    株間は30〜35cmほどとってください。

    ↓こちら5月28日の様子
    ヒソップの育て方2



    ヒソップは高温多湿に弱いので、乾燥気味に育てるのがポイントです。

    追肥は、少しあげた方が良いです。

    私は、元肥と一緒で、有機肥料6-3-3を月に1度あげてました。

    ↓8月3日には、50cm以上になってますね!
    ヒソップの育て方3

    ↓青い花も咲き始めてくれました
    ヒソップの育て方4


    同じく8月3日、

    ↓プランターでも育ててたのですが、プランターが小さいと
    小さくしかそだってくれません。
    ヒソップの育て方5

    収穫は、背丈20cmほどから開始できます。


    穂先10cmほどを収穫して、肉料理の臭みとりとして使用してました。


    ちなみに、乾燥葉を使用したいときは、枝の下部からバッサリ切り取って、

    日陰に逆さづりにします。



    こちら、多年草ハーブですので、複数年にわたって楽しめるそうですが、

    私は昨秋に引っ越したのでお別れしました。



    ヒソップの有機種子はこちら


    有機種子の商品ラインナップはこちら




    人と地球の未来のために
    グリーンフィールドプロジェクト











    | 1/1PAGES |

    ガーデニングブログニュース
http://www.gaikoumitsumori.biz/gardening/ に参加中!