コーンサラダの育て方

0

    |コーンサラダ(マーシュ)

    コーンサラダという葉野菜を知ってますか?

    別にトウモロコシの味がするわけではありません。

    トウモロコシ畑に出てくる雑草扱いの葉だったのですが、食用で重宝されるようになった変わり野菜なのです。

    味はとっても淡白。

    葉が小さいうちは生でサラダに、大きくなったものはさっと湯通しして食べるとおいしいですよ!


    |育て方

    1.種まき

    丸型のプランターに1cm間隔程度にバラまき、軽く土をかぶせます。

    発芽まで一週間はかかりますので、土が乾かないよう、地味に毎日水をやります。

    ※長方形のプランターなら、筋まきした方が無駄なく育てることができます。
    ※プランターは直径30cm以上(写真は40cmです)で、深さは15cm程度あれば十分です。

    コーンサラダの育て方1

    2.間引き

    最低1cm程度の間隔があくよう間引きます。

    コーンサラダの育て方2
    ↑発芽はあまりよくなく、バラバラに発芽してきます。

    コーンサラダの育て方3
    ↑間引き後の様子。

    発芽がそろうまでは、ほぼ毎日水をあげてOKです。

    発芽がそろった後は、土がパリパリに乾燥してるようだと、水をあげる程度です。

    湿った土を嫌いますので、乾燥気味に育ててあげます。


    3.収穫

    1ヶ月半から2ヶ月ほどで収穫期を迎えます。

    コーンサラダの育て方4
    ↑しっかり茂ってくれました!

    間引きながら収穫すれば、残った小さい葉が次々に大きくなってくれるので、長く収穫を楽しめます。


    コーンサラダの育て方5

    葉が大きくなりすぎると、ゴワゴワした食感になりますので早めに収穫しましょう。

    というわけで、サンドイッチの間に入れたり、サラダに混ぜたり、くせのない味と柔らかい食感が楽しめます!


    コーンサラダの育て方6


    ★栽培のプロ・HIDEのつぶやき★

    涼しい方が育ちやすいので、暖地だと秋まきのほうが簡単に育ちます。

    涼しい所は春でも秋でも、基本どっちでも育ちますよ。

    コーンサラダはまったく淡白な味ですが、食感はサクサクというよりは少し粘質的な噛みごたえがあり・・・

    個人的には、食感を楽しむ野菜です。

    スーパーではあまり見かけないので、育てて楽しむ価値ありですよ!


    有機コーンサラダの種子はこちら


    有機種子の商品ラインナップはこちら




    人と地球の未来のために
    グリーンフィールドプロジェクト









    << | 2/2PAGES |

    ガーデニングブログニュース
http://www.gaikoumitsumori.biz/gardening/ に参加中!